保育について
理念と方針

保育の理念

職員のチームワークによって一人ひとりの子ども達が、
現在(いま)を輝いて生きていけるように保育の質を高めていきます。

基本方針
  • 子どもの健康と安全を基本とし、保護者と協力して養護と教育を行う。
  • 情緒の安定した生活ができる環境の中で、子ども一人ひとりがあふれる笑顔と輝いた瞳で、自己を十分に発揮しながら活動できるようにする。
  • 豊かな人間性をもった子どもを育成する。
  • 保護者や地域の人々の保育に関する要望や意見、相談に際しては、分かりやすい用語で説明して、公共施設としての社会的な責任を果たす。
保育目標

ぐまれた環境の中で
んぐん伸びて
んなみんな笑顔!!

  • 明るい施設、魅力ある園庭や遊具、自然・地域社会、保育士や友だちとの関わりなど、めぐまれた環境の中で、遊んで学び発達していきます。
  • 多様な遊びや経験の中で、豊かな感性、好奇心、探求心、思考力が養われ、ぐんぐん伸びて生きる力の基礎が培われます。
  • 保護者、地域、各関係機関、保育園が協力し合って、子ども達を守り、みんなみんな笑顔!!になれます。
保育方法
  • 子ども一人ひとりの主体性を尊重し、自己肯定感が生まれるよう対応しています。
  • 安心安全な環境の中で、自己を十分に発揮しながら生き生きと活動できるように配慮しています。
  • 一人ひとりの子どもの発達過程と個人差を大切にして、個の成長と集団の成長を促します。
  • 子どもの諸能力は、生活や遊びを通して学び、総合的に発達していくように促しています。
  • 保護者の気持ちを受けとめ、子どもの成長を共に喜び、保護者の子育てを励まし援助しています。

保育の内容

保育課程で示しているように子どもの生活や遊びを通して養護と教育が一体となって相互につながりながら総合的に展開しています。

  • 「養護」・・・

    子どもの生命の保持及び情緒の安定を図るために保育士が行う援助や関わりを大切にしています。

  • 「教育」・・・

    子どもが健やかに成長しその活動がより豊かに展開するように保育士が発達を援助しています。

保育課程とは

告示化された保育指針に基づき保育の全体計画である保育計画の事です。年齢別(年間・月案・週案・日案)の指導計画を作成し、PDCAサイクルで見通しを持って 保育を進めていきます。



トップに戻る